近畿地方で事業継続力強化計画の認定数が急増(2020年10月)

事業継続力強化計画

事業継続力強化計画の認定制度がスタートしてから1年が過ぎ、認定件数は1万件を突破するなど順調に認定事業者は増加しています。

2020年9月の地域別認定件数では、近畿地方において認定件数が増加傾向であることに注目することができます。特に、大阪府と兵庫県では急増している様子が伺えます。

地域別認定件数・分析(2020年10月)

事業継続力強化計画の9月末時点における地域別認定件数一覧は次のようになっています。

「事業継続力強化計画」地域別認定件数一覧(令和2年10月27日更新分)、中小企業庁
出所:「事業継続力強化計画」地域別認定件数一覧(令和2年10月27日更新分)、中小企業庁

認定率について

地域に存在する中小企業(事業者)のうち、実際に事業継続力強化計画の認定を受けた事業者の割合を「認定率」として考えたとき、当サイトが算出した都道府県別の事業継続力強化計画認定率は次のようになります。

事業継続力強化計画認定率(2020年9月)
出所:中小企業庁の公開データを基に当サイトで作成

pdf:事業継続力強化計画都道府県別認定率(令和2年9月末)

認定率についてのランキングは次の通りとなります。()内は、前月のランキングを示しています。

・累計認定件数が多い都道府県は、「東京都(1,606)」「大阪府(1,391)」「愛知県(1,054)」
(累計認定件数が多い都道府県は、「東京都(1,469)」「大阪府(1,137)」「愛知県(976)」)

・累計認定件数が少ない都道府県は、「鳥取県(47)」「島根県(47)」「秋田県(50)」
(累計認定件数が少ない都道府県は、「島根県(40)」「鳥取県(44)」「秋田県(45))

・累計認定率が高い都道府県は、「岡山県(0.823)」「静岡県(0.739)」「香川県(0.677)」
(累計認定率が高い都道府県は、「岡山県(0.724)」「静岡県(0.697)」「香川県(0.631))

・累計認定率が低い都道府県は、「青森県(0.128)」「沖縄県(0.144)」「岩手県(0.148)」
(累計認定率が低い都道府県は、「青森県(0.118)」「岩手県(0.140)」「秋田県(0.136))

県ごとにおける認定件数および認定率のランキングに関しては、ほぼ前月と同じ傾向(順位)となっています。

事業継続力強化計画の認定を受けることでさまざまなメリットを享受することができます。

事業継続力強化計画のメリット!4つの本質とインセンティブ6つ

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ